富岡鉄斎展 あるコレクターが見た画業70年の歩み

個人の初公開コレクションをまとめて掲載した図録です。今までの鉄斎展では公開していない作品ばかりです。富岡鉄斎(1836-1924)は詩や書画に特異な才能を発揮し、その躍動的な画風により水墨画に新境地を開きました。近代日本を代表する文人画の巨匠・鉄斎の70年にわたる鉄斎芸術の歩みを初期・中期・晩期の三期に分けて掲載しています。中国絵画に倣った山水画から鉄斎独自の人物画、大和絵、大津絵、書などに扇面画、茶道具を加えた60点を紹介いたします。   論文 『鉄斎の文人趣味と煎茶』 資料扁 『賛の読みと解説』掲載。 

 ■発行年 2003年巡回展

■項 数 112ページ

■図版点数 山水・人物・扇面の文人画と書、煎茶道具/全60点


料 金 : 販売終了
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes