開催可能な展覧会

幕末明治の浮世絵探訪展

「幕末から明治は、おもしろい画題が満載だ」と、中右コレクションが明治浮世絵を公開。

東海道五十三次展、歌麿とその時代展に続く「教科書で見たことがある」浮世絵入門シリーズ第4弾

江戸小町から明治ハイカラさんまで、豪傑、動物、お化け、娯楽、鹿鳴館スタイルを幕末明治の浮世絵100余点で紹介します。

芝居や大相撲の娯楽からお化けで肝試しまで、楽しいことが大好きな江戸っ子。

於江戸マダムは、おめかしにペットの世話に大忙し。黒船が来ても、異人と出会ってもどこ吹く風の庶民たち。

粋でおしゃれな江戸マダムと伊達男。はいからファッションで闊歩する鹿鳴館貴婦人と髭の紳士たち。皆の嬉々として暮らした様子を紹介します。

絵師たちは、幕末の大御所・広重、国貞、国芳から明治のハイセンスな芳年、国周、おもちゃ絵の芳藤、芳幾まで勢揃い。幕末バラエティは迫力満載、明治アラカルトは情報満載でおもしろ浮世絵大集合。

展示品の紹介

1. 江戸の粧ひと雪月花 (女性たち)

2.「源氏絵」は情的なパロディ絵 (男女の情景)

3.ヒーローたちの物語(伊達な男たち)

豪傑・英雄・人気者たちの痛快アクション

4.江戸の暮らし、その1 芝居相撲も肝試しも大好きな江戸人

恨めしや 幽霊あらわる「芝居絵」、はっけよい「相撲絵」

5.江戸の暮らし、その2 ペットブーム到来 猫・金魚・猿 愛玩からパロディまで

6.江戸の暮らし、その3 縁起かつぎましょ

福助お多福は縁起物「ふの字づくし」の有掛絵(うけえ)、地震だぁ「なまず絵」だぁ

7. だんだんと開国へ、おらんだ好み異国への憧憬

8. そして時代はいよいよ明治へ 横浜絵と開化絵

鉄道開通、 はいからファッション 鹿鳴館スタイル

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

美術×(印刷+出版)=商業美術/art×(prints+publish)=graphic arts

それはポスターや情報誌、美術誌の表紙・挿絵絵になったリトグラフ・木版画の版画達です

ヨーロッパからアメリカまでの“版画達”を集めて帰国した「SasaAdairコレクション」を公開します。


シャガール、ミロ、マチス、ピカソからロックウェル、パリッシュまで

リトグラフ、木版画、ポスター、挿絵 etc・・・カラフルでワンダフルな”版画”たちを紹介します。

画像は出品イメージです。出品を約束するのもではありません。

政府の補助が出たほどのシャガールやミロの個展のポスター、「出版物となって完成する」と述べたロックウェル、アメリカンイラストレーション黄金期を築いたパリッシュ。

20世紀の芸術家たちの作品は美術館や個人に所蔵され、数少ない鑑賞の機会を待つことになります。そこでヨーロッパの巨匠、ピカソ、マチスらは多くの人の目に触れ親しまれることを意図した“版画達”を世に送り出しました。色彩の魔術師シャガール、奇才の芸術家ダリ、スペインの巨匠ミロもポスターや物語の挿絵、美術誌の表紙を制作しました。

アメリカでは、写真やテレビがいまほど影響力をもたなかった20世紀前半に、情報誌の表紙に大統領選挙からアポロ計画、ベトナム戦争が描かれ、人々は毎号発売を楽しみにしました。人気のイラストは版画になり一般家庭に飾られ、アメリカの大衆文化に多大な影響を与えました。

■主な作家の紹介

20世紀の巨匠たち/シャガール、ダリ、ピカソ、ミロ、マチス、ビュッフェ(フランス)、クレー(スイス)、カンデンスキー(ロシア)、マリーニ(イタリア)、タピエス(スペイン)/パリッシュ(アメリカ)、ロックウエル(アメリカ)

現代アート作家たち/ミノー(フランス)、モノリー(フランスポップアート)、アダミ(イタリアポップアート)/カルダー(アメリカ)、ケリー(アメリカ)

アメリカのイラストレーターたち

◆ノーマン・ロックウェル

や時にもの哀しい哀愁を描いた。雑誌の表紙絵を中心に、挿絵や企業広告、カレンダーなど多彩な商業アートからユーモア溢れる生活を紹介します。

◆マックスフィールド・パリッシュ

19世紀後半アメリカの「イラスレーションの黄金時代」を築いた一人。ファッション誌「ハーパーズ バザー」、雑誌「Scribner’s 」「Life」「Collier‘s」にコミカルなイラストを描き有名になる。

◆ソール・スタインバーグ

「ニューヨーカー」誌の表紙絵など。一コマ漫画で藤子不二雄、柳原良平、横山泰三、和田誠らに影響を与えた。

◆アレクサンダー・カルダー 「モビール」を発明した現代美術家。

■展示構成

Ⅰ) 大衆アート(印刷を含む)

ポスター/ フランスの美術雑誌「デリエール・ル・ミロワール」の表紙絵/アメリカの情報誌の表紙絵、広告、カレンダーなど

Ⅱ) カラフルでワンダフルな版画達(リトグラフ、木版画、銅版画)

Ⅲ) アメリカの生活画 ~リトグラフ、アートプリントによる版画達

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

美と食の巨人北大路魯山人

筆が冴える書画 筆と戯れる作陶 そこには魯山人の書道観がある

美食と器における魯山人の筆の技に注目する展覧会です。

「書家の書にうまい書があった例は皆無といってよい。書を専門に教える習字の先生から尊ぶべき 書が生まれた試しはない」相変わらずの毒舌。書家としてスタートした魯山人の筆技は、刻字を刻み、画を描き、器に走らせた筆線は自然美を礼賛。魯山人は書家を越え芸術家となりました。その 魯山人の作品から彼の書道観を探索いたします。

良寛や池大雅の意識した筆、隷書風に書いた画賛、刀の切れ味が冴る刻字、漢詩や禅語を絵付けした陶器。心赴くままに筆と戯れる魯山人の書画から作陶まで展覧します。Coming Soon

日本ポスター史上最も有名な話題作

サカツ・コレクション公開

大衆とともに発展した近代日本のポスターで広告アートを展観

ミュシャ、ロートレックなど西洋ポスターを見る展覧会はあっても、日本の近代ポスター芸術を展観する機会は希少ではありませんか。ビール・酒造・赤玉ワイン・カルピス・キッコーマンなど近代日本を支えた広告アートを紹介します。

伊東深水らが制作に参画した明治・大正・昭和の「ポスター芸術」現存していないメーカーの作品や、制作企業も所蔵していない作品を所蔵するサカツ・コレクションを公開いたします。ポスターには、女性の化粧法、髪型、衣装に各時代を明瞭に示す特色があり、名画に負けないパワーが潜んでいます。「ポスター」は、まさに時代を彩った生き証人です。

【監 修】 田島奈都子 (ポスター研究家) 記念講演会が併催できます。

【出 品】 明治・大正・昭和の大型ポスター (主に飲料メーカー関連) 約100点 額装

【主な作家】

日本画家 伊東深水・北野恒富・松田富喬・金森観陽・森本茂二

洋画家  和田三造・清水良雄・満谷国四郎・伊原宇三郎

図案家  多田北烏・風間四郎・杉浦非水・片岡敏郎・井上木它

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

令和3年の展覧会をもちまして巡回展を終了いたします。

■図録 図録の販売をご覧ください。

時代はまさに浮世絵黄金期。美人画の大家、歌麿・清長・英山らと役者絵の写楽とそのライバル豊国・春章が率いる歌川派と勝川派の絵師たち、その色鮮やかな肉筆画を含めて浮世絵名品を紹介します。花魁、ミス小町、武家婦人らオシャレな江戸おんなの艶姿。粋で伊達姿な役者ら男衆。江戸時代の風俗と四季の装いをお楽しみ下さい。

歌麿とその弟子たち

栄之とその一門

清長と天明寛政期の美人たち

英山、英泉と化政期の美人たち

写楽と勝川派・歌川派の役者絵

肉筆画 (掛軸の展示にガラスケースをご用意下さい。)
全130 点出品

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp


NHK連続人形劇『プリンプリン物語』の人形美術を担当し、500以上の動く人形を制作した友永詔三のテレビ人形と造形を紹介する展覧会です。
オーストラリアの国立人形劇団で人形デザインを学んだ友永詔三は木彫による造形に取り組み注目を集めております。NHK連続人形劇「プリンプリン物語」のお姫様や妖精などの人形は、まさに幻想とメルヘンの世界を表現していました。その後もシェークスピア劇「夏の夜の夢」や人形による夢幻劇(パルコ劇場ほか)のために等身大の動く人形を制作し、現代の新しい人形工芸作家として活躍しています。また造形作家として木彫や木彫に和紙を張った「あかり(照明ランプ)のオブジェ」など個性的な造形作品も制作し、幻想とメルヘンの世界を演出しています。
「プリンプリン物語」のキャラクター人形を中心に木彫作家としての創造による「あかりのオブジェ」のほかに人形の原画や版画などの絵画を合せて幻想とメルヘンの作品を約100点紹介します。

NHK人形劇「プリンプリン物語の人形と木彫・あかりのオブジェクトなどファンタジーあふれる造形とそのデザインを紹介します。

■作家紹介
友永詔三(ともなが あきみつ)
NHK連続人形劇「プリンプリン物語」/教育テレビ「小1理科」/NHK子供人形劇「笛吹岩」/「チワンの錦」の人形を制作。
花と緑の博覧会に招待出品。東京国立近代美術館「人形の今」招待出品。
■展示作品
テレビの動く人形/人形デザイン画/木彫/あかりのオブジェ/デッサン/木版画 約100点
■展示構成
① NHK人形劇「プリンプリン物語」テレビ・舞台で活躍した動く人形たち
② 和紙と木彫によるあかりのオブジェ
③ 木彫作品
少女と花・静物・自然をモチーフにしたオブジェ
④ 人形のデザイン原画
■イベント
友永詔三先生による「プリンプリン物語」人形操作実演とギャラリートーク

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

巡回展は終了しました。展示品を収録した図録を通信販売しております。

“今も昔も”の言葉通り、江戸時代にも猫ブームがあり、浮世絵の画題に多くとりあげられました。幕末に歌川国貞、国芳、広重が、明治には芳年とその弟子芳藤たちが個性的な猫を描きました。美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、役者の顔で着物を着た猫の他に、恐ろしい化け猫などなど、喜怒哀楽を表現した“猫百態”による「猫がいる暮らし」をアートを通して紹介しました。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes