開催可能な展覧会

近代絵画から浮世絵まで、今も昔も暮らしの中に “ねこ”が登場する展覧会です

猫は私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで物語や絵画に多く登場します。

“今も昔も”の言葉通り、江戸時代にも猫ブームがあり、浮世絵の画題に多くとりあげられました。幕末浮世絵では歌川国貞、国芳、広重が、明治には芳年とその弟子芳藤たち、そして大正になると竹久夢二、藤田嗣司、水野年方ら近代作家らがそれぞれが個性的な猫を描きました。

美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、役者の顔で着物を着た猫の他に、恐ろしい化け猫などなど、喜怒哀楽を表現した“猫百態(作品200点)”による「人と猫の200年」をアートを通してお楽しみください。

◆展示作品を収録した書籍「アートになった猫たち」があります。

◆出品目録をメール送信いたします。問い合わせください。

作品の一部を紹介

猫を愛した芸術家たち

  1. 加山又造 「青い目の猫」 木版画
  2. 藤田嗣治 「自画像に猫」 木版画
  3. 藤田嗣治 「夢」     銅版画
  4. 竹久夢二 「女十題 黒猫を抱く洋婦人」 木版画
  5. 竹久夢二 「黒猫を抱く女」            木版画
  6. 正木卓  「夢二へのオマージュ黒船屋」  現代陶芸
  7. 橋口五葉  「吾輩は猫である」の挿絵  大正5年
  8. 岡本一平 「夏目漱石先生」       昭和2年
  9. 立原位貫 「国芳へのオマージュ」  現代浮世絵
  10. 歌川国芳 「流行逢都絵希代稀物」 (国芳の自画像)
  11. 歌川国芳 「名誉右に無敵左に甚五郎」(役者似顔絵 国芳の画像)

現代アート・近代絵画の章  大正から昭和へ(1912~)

  1. 渡辺華山    「唐猫」 掛軸
  2. 富岡鉄斎    「唾猫石」
  3. 小林清親    「猫と提灯」   木版画
  4. 高橋弘明    「白猫 黒猫」  木版画
  5. 川上澄生    「猟の人力車夫と猫の客」  木版画
  6. 鈴木朱雀    「ペルシャ猫」   掛軸
  7. 清水刀根     「少女と猫」     油彩6号
  8. 清水慶次郎  絵雑誌 「ヨウネン」 口絵原画
  9. 海外のアーティスト
  10. ビアズリー(イギリスの挿絵画家) 「黒猫」石版
  11. スタンラン (フランスの版画家) 「挿絵」1896年
  12. フランツ・フォン・バイロス(オーストリアの挿絵画家) 「挿絵」

猫がいる暮らし ≪江戸編≫(幕末のユニークな浮世絵)

  1. 二代喜多川歌麿 「見立源氏物語女三宮」 錦絵大判縦二枚続
  2. 渓斎英泉  「猫を抱いた娘」 錦絵大判縦二枚続
  3. 歌川国貞  「猫が少女の着物の裾にじゃれる」 大判錦絵縦二枚続
  4. 三代豊国  「東駅いろは日記 古猫の怪」(化け猫)  錦絵大判三枚続
  5. 歌川国芳  「猫の百面相」 (役者似顔絵)
  6. 歌川国芳  「流行猫の戯 袂糞気罵責段」
  7. 歌川広重  「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」
  8. 歌川広重  「即興かげぼし尽し ねこ」
  9. 歌川芳年  「猫鼠合戦」
  10. 歌川芳藤  「子猫あつまって大猫となる」(寄せ絵)
  11. 歌川芳員  「機織り美人と猫」

猫がいる暮らし ≪明治編 ハイカラ美人と猫≫  (1868年以降)

  1. 歌川幾英 「志ん板 賊ねずみ」 (おもちゃ絵)
  2. 四代国政 「芸競猫の戯」 (役者絵)
  3. 豊原国周 「当世開花 別品競」
  4. 楊洲周延 「あづま 裁縫」
  5. 月岡芳年 「風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗」
  6. 小林清親 「酒機嫌十二相之内 気の小さくなる酒癖」
  7. 尾形月耕 「美人花競 蘭」
  8. 水野年方 「三十六佳撰 湯後 寛政頃美人」
  9. 柴田是真 「窓辺の猫」
  10. 落合芳幾 「三十二想面白四五六」 双六
お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

広重と北斎の東海道五十三次展、歌麿とその時代展、に続く、「教科書で見たことがある」浮世絵入門シリーズ第3弾

広重・国貞・国芳・芳年ら最後の浮世絵師から小林清親の明治開化絵

人気絵師は誰か、その派閥は、浮世を写す浮世絵の役割とは、歴史絵・風俗画・風刺絵・開化絵のよる情報誌・報道誌など、幕末浮世絵から明治開化絵まで探訪します。幕末から明治の浮世絵は、ユーモアたっぷりで、情報が満載。広重・国貞・国芳・芳年らの歴史絵・武者絵・芝居絵・美人画など、迫力のワイド画面でユーモアあふれる幕末浮世絵を紹介。黒船来航で文明開化、浮世絵は巷の情報を発信する開化絵へ。小林清親、水野年方らのジャーナリズムな明治開化絵・風刺画・風俗画など“劇画やグラビア”のルーツとなったワイド画面の「錦絵三枚続き」。浅井コレクションから幕末・明治の浮世絵を探訪ください。


■作品 幕末から明治にかけての浮世絵と開化絵

大構図が特徴の「錦絵大判三枚続き」を中心に 100点

■浅井コレクションを探訪

浅井勇助氏は、「浮世絵とは美術品として作られたものではなく、かわら版から進化したもので、情報誌であり、実用品であった」ことを信念に、歴史・説話・昔話などを題材に1万点余りを蒐集しました。浅井氏は、浮世絵は当時の世相を現しているだけでなく、しばしば政治的な意味が隠されていることに気づき蒐集した結果、幕末から明治期のものがその多くを占めていることが他の浮世絵コレクションと異なる特徴です。新やラジオはもとよりテレビもインターネットもない時代にさまざまなニュースを民衆に伝え、さらに、幕末期以降の浮世絵版画は子供たちに道徳や日本の歴史を教える視覚的教材として貴重な役割を果たしていました。幕末から明治期の浮世絵は、美術品として鑑賞するだけではなく、歴史的資料という観点からも見ていただければ幸いです。

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

二大出品

その1 国内唯一、歌麿の「両国橋の上下」が六枚揃って公開

両国橋の上と下の情景三枚続きを、縦につなぐ大構図が貴重な作品。六枚揃って展示できるのは本展だけとなります。

その2 世界で唯一現存する、栄烏の「青楼美人合 五明楼文越」を公開

時代はまさに浮世絵黄金期。美人画の大家、歌麿・清長・英山らと役者絵の写楽とそのライバル豊国・春章が率いる歌川派と勝川派の絵師たち、その色鮮やかな肉筆画を含めて浮世絵名品を紹介します。
花魁、ミス小町、武家婦人らオシャレな江戸おんなの艶姿。粋で伊達姿な役者ら男衆。江戸時代の風俗と四季の装いをお楽しみ下さい。

歌麿と歌麿派の弟子たち
1. 喜多川歌麿 松葉楼装ひ 実を通す風情
2. 喜多川歌麿 美人十容 有徳人の女房
3. 喜多川歌麿 五人美人愛敬競 兵庫屋花妻
4.  喜多川歌麿 山姥と金太郎
5. 喜多川歌麿 教訓親の目鏡 ばくれん
6. 喜多川歌麿 武者絵・牛若丸と熊坂長範
7. 喜多川菊麿 三味線を持つ美人(団扇絵)
8. 喜多川秀麿 高名金花池
9. 喜多川秀麿 今容女歌仙 扇屋内はな扇

10.鳥居清長  亀井戸天神太鼓橋(二枚続)
11. 菊川英山  手洗鉢(縦二枚続)
12. 鳥文齋栄之 まつも登料亭庭先(三枚続)

肉筆画 (掛軸の展示にガラスケースをご用意下さい。)
13. 歌川豊国  太夫道中
14. 喜多川式麿 福禄寿と遊女
15.鳥文斎栄之 桜下美人図
16.長谷川雪鷹 見立大黒図・見立恵比寿図(双幅)

役者絵 粋 で伊達姿な男衆
17.東洲斎写楽 中島和田右衛門と中村此蔵
18. 勝川春章 五世市川団十郎の弥平兵衛宗清
19. 勝川春英 四世岩井半四郎の大和屋 杜若
20.勝川春好 四世市川団蔵の暫(細版)
21.勝川春艶 大谷鬼次の奴江戸兵衛(団扇絵)
22.歌川豊国 三世菊之丞の役者絵舞台之姿 はま村や
23.歌川国政 二世中村野塩の桜丸

ほか 全130 点出品予定

■図録 図録の販売をご覧ください。

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

日本ポスター史上最も有名な話題作

サカツ・コレクション公開

大衆とともに発展した近代日本のポスターで広告アートを展観

ミュシャ、ロートレックなど西洋ポスターを見る展覧会はあっても、日本の近代ポスター芸術を展観する機会は希少ではありませんか。ビール・酒造・赤玉ワイン・カルピス・キッコーマンなど近代日本を支えた広告アートを紹介します。

伊東深水らが制作に参画した明治・大正・昭和の「ポスター芸術」現存していないメーカーの作品や、制作企業も所蔵していない作品を所蔵するサカツ・コレクションを公開いたします。ポスターには、女性の化粧法、髪型、衣装に各時代を明瞭に示す特色があり、名画に負けないパワーが潜んでいます。「ポスター」は、まさに時代を彩った生き証人です。

【監 修】 田島奈都子 (ポスター研究家) 記念講演会が併催できます。

【出 品】 明治・大正・昭和の大型ポスター (主に飲料メーカー関連) 約100点 額装

【主な作家】

日本画家 伊東深水・北野恒富・松田富喬・金森観陽・森本茂二

洋画家  和田三造・清水良雄・満谷国四郎・伊原宇三郎

図案家  多田北烏・風間四郎・杉浦非水・片岡敏郎・井上木它

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

柳宗悦と民藝の巨匠たち展、朝鮮時代の浅川伯教・巧兄弟の心と眼展、に続く 民藝シリーズ第3弾

「私は約三十年年間、日本民藝館で学芸員をしていました。その関係で新古の民藝品が身の回りに自然と集まり、今ではそれらの品に埋まって暮らしています」  尾久彰三

30年にわたり日本民芸館の学芸員を務め、柳宗悦が提唱した民藝運動の精神を受け継ぎながら、自由でユニークな視点で民藝の蒐集活動を続ける尾久彰三氏(1947年富山県生まれ、神奈川県で蒐集活動を続けている)。「骨董とは生きていく上のお嚇子で、元気の素」という尾久さんは、柳宗悦の弟子として富山で民藝運動を推進していた伯父の影響で、早くも10歳頃にもの集めに開眼。長じて敬愛する柳宗悦が創設した日本民藝館の学芸員として長年勤務し、益々その眼に磨きをかけました。

本展では、日本各地をはじめ、韓国からアジア、ヨーロッパ、南米など、世界の民藝の一大コレクションから選りすぐりの、朝鮮時代の民藝、日本の古陶磁、漆器、アジアや南米の染織、絵画、木工など200余点を紹介いたします。

不思議な御縁で舞い込んできたもの、惚れ込んでようやく手中に収めたもの、今日はやめておこうと思いつつ一目惚れしてしまったもの等々から、尾久さんとともに「ものを観ること」、「ものと語らうこと」を観じてください。

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp

 

本企画書に掲載した図版は展示イメージであり、出品を約束するものではありません。

「香り」 、五感のうち目に見えない嗅を視で探求し、時代とともに発展してきたファッションやモード(流行)を紹介する展覧会です。

 社会構造の変化とともに文化、芸術、生活スタイルも新しい方向へ移行し、とりわけ女性の活動範囲の広がりはファッションをめまぐるしく変化させました。サロン、ブランドなど嗜好の個性化の中でおしゃれに欠かせない香水は、今日に至るまでその文化と芸術性が注目されています。本展では、こうした香水文化の誕生から現代に至る、香りとファッショの文化史を美学的に紹介します。

■主な展示内容

第1章 ヴィクトリア王朝時代(19世紀中期)-香水文化の誕生

  • 香水の誕生と近代香水の夜明けに関する香水瓶
  • 香水&ファッションに関する版画、絵画
  • 偉大な調香師3人、ポール・パルケ(ウビガン社)、エメ・ゲラン(ゲラン社)、フランソワ・コティ(コティ社)に関する作品

第2章  アール・ヌーヴォー/アール・デコ時代 -クチュール達が生み出した名香物語

  • 「名香と香水ボトルコレクション」  ガレ、 ドーム、 ラリックら、ガラス作家によるボトルなど 
  • マダム ニナ・リッチ「レールジュタン」 ジャンヌ・ランバン「アル・ページュ」 マダム・グレ「カボシャール」 クリスチャン・ディオール「ミスディオール」 ココ・シャネル「シャネル №5」 他 
  •  「アール・ヌーヴォー」「アール・デコ」のポスター 「ファッション画」 ポール・ポワレ作、ぺレール作 「当時のポスター」など

第3章 現代―香りの芸術とファッション 

  • 世界のデザイナーたちの香り 例:日本のファッションデザイナー 「KENZO」
  • 最新の香水   例:レディガガが発表した香水 「フェイム」

 ■併催イベント 講演会 「香りとファッション」 講師 平田幸子(パルファム編集長)/ 津田紀代(ポーラ文化研究所)

 ■監 修 平田幸子(パルファム編集長 )/ 津田紀代(ポーラ文化研究所)

協 力  ポーラ文化研究所/大理石村ロックハート城/パルファム/高砂香料工業株式会社/イデア教育文化研究所 

 

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp


NHK連続人形劇『プリンプリン物語』の人形美術を担当し、500以上の動く人形を制作した友永詔三のテレビ人形と造形を紹介する展覧会です。
オーストラリアの国立人形劇団で人形デザインを学んだ友永詔三は木彫による造形に取り組み注目を集めております。NHK連続人形劇「プリンプリン物語」のお姫様や妖精などの人形は、まさに幻想とメルヘンの世界を表現していました。その後もシェークスピア劇「夏の夜の夢」や人形による夢幻劇(パルコ劇場ほか)のために等身大の動く人形を制作し、現代の新しい人形工芸作家として活躍しています。また造形作家として木彫や木彫に和紙を張った「あかり(照明ランプ)のオブジェ」など個性的な造形作品も制作し、幻想とメルヘンの世界を演出しています。
「プリンプリン物語」のキャラクター人形を中心に木彫作家としての創造による「あかりのオブジェ」のほかに人形の原画や版画などの絵画を合せて幻想とメルヘンの作品を約100点紹介します。

NHK人形劇「プリンプリン物語の人形と木彫・あかりのオブジェクトなどファンタジーあふれる造形とそのデザインを紹介します。

■開催概要
ご希望に応じていつでも開催できます。  
■作家紹介
友永詔三(ともなが あきみつ)
NHK連続人形劇「プリンプリン物語」/教育テレビ「小1理科」/NHK子供人形劇「笛吹岩」/「チワンの錦」の人形を制作。
花と緑の博覧会に招待出品。東京国立近代美術館「人形の今」招待出品。
■展示作品
テレビの動く人形/人形デザイン画/木彫/あかりのオブジェ/デッサン/木版画 約100点
■展示構成
① NHK人形劇「プリンプリン物語」テレビ・舞台で活躍した動く人形たち
② 和紙と木彫によるあかりのオブジェ
③ 木彫作品
少女と花・静物・自然をモチーフにしたオブジェ
④ 人形のデザイン原画
■イベント
友永詔三先生による「プリンプリン物語」人形操作実演とギャラリートーク

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes