浮世絵は幕末からがおもしろい 中右コレクション

幕末明治の浮世絵探訪展

「幕末から明治は、おもしろい画題が満載だ」と、中右コレクションが明治浮世絵を公開。

東海道五十三次展、歌麿とその時代展に続く「教科書で見たことがある」浮世絵入門シリーズ第4弾

江戸小町から明治ハイカラさんまで、豪傑、動物、お化け、娯楽、鹿鳴館スタイルを幕末明治の浮世絵150点で紹介します。

いつの世も人気者の牛若丸と弁慶、金太郎、石川五右衛門。芝居や大相撲の娯楽からお化けで肝試しまで、楽しいことが大好きな江戸っこ。於江戸マダムは、おめかしにペットの世話に大忙し、商いに精を出す旦那衆。黒船が来ても、異人と出会ってもどこ吹く風の庶民たち。

粋でおしゃれな江戸マダムと伊達男。はいからファッションで闊歩する鹿鳴館貴婦人と髭の紳士たち。皆の嬉々として暮らした様子を紹介します。

絵師たちは、幕末の大御所・広重、国貞、国芳から明治のハイセンスな芳年、国周、おもちゃ絵の芳藤、芳幾まで勢揃い。幕末バラエティは迫力満載、明治アラカルトは情報満載でおもしろ浮世絵大集合。

展示品の紹介

1. 江戸の粧ひと雪月花 (女性たち)

2.「源氏絵」は情的なパロディ絵 (男女の情景)

3.ヒーローたちの物語(伊達な男たち)

豪傑・英雄・人気者たちの痛快アクション

4.江戸の暮らし、その1 芝居相撲も肝試しも大好きな江戸人

恨めしや 幽霊あらわる「芝居絵」、はっけよい「相撲絵」

5.江戸の暮らし、その2 ペットブーム到来 猫・金魚・猿 愛玩からパロディまで

6.江戸の暮らし、その3 縁起かつぎましょ

福助お多福は縁起物「ふの字づくし」の有掛絵(うけえ)、地震だぁ「なまず絵」だぁ

7. だんだんと開国へ、おらんだ好み異国への憧憬

8. そして時代はいよいよ明治へ 横浜絵と開化絵

鉄道開通、 はいからファッション 鹿鳴館スタイル

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes