20世紀巨匠の”版画達” カラフルでワンダフルな版画たちの競演 

美術×(印刷+出版)=商業美術/art×(prints+publish)=graphic arts

それはポスターや情報誌、美術誌の表紙・挿絵絵になったリトグラフ・木版画の版画達です

ヨーロッパからアメリカまでの“版画達”を集めて帰国した「SasaAdairコレクション」を公開します。


シャガール、ミロ、マチス、ピカソからロックウェル、パリッシュまで

リトグラフ、木版画、ポスター、挿絵 etc・・・カラフルでワンダフルな”版画”たちを紹介します。

画像は出品イメージです。出品を約束するのもではありません。

政府の補助が出たほどのシャガールやミロの個展のポスター、「出版物となって完成する」と述べたロックウェル、アメリカンイラストレーション黄金期を築いたパリッシュ。

20世紀の芸術家たちの作品は美術館や個人に所蔵され、数少ない鑑賞の機会を待つことになります。そこでヨーロッパの巨匠、ピカソ、マチスらは多くの人の目に触れ親しまれることを意図した“版画達”を世に送り出しました。色彩の魔術師シャガール、奇才の芸術家ダリ、スペインの巨匠ミロもポスターや物語の挿絵、美術誌の表紙を制作しました。

アメリカでは、写真やテレビがいまほど影響力をもたなかった20世紀前半に、情報誌の表紙に大統領選挙からアポロ計画、ベトナム戦争が描かれ、人々は毎号発売を楽しみにしました。人気のイラストは版画になり一般家庭に飾られ、アメリカの大衆文化に多大な影響を与えました。

■主な作家の紹介

20世紀の巨匠たち/シャガール、ダリ、ピカソ、ミロ、マチス、ビュッフェ(フランス)、クレー(スイス)、カンデンスキー(ロシア)、マリーニ(イタリア)、タピエス(スペイン)/パリッシュ(アメリカ)、ロックウエル(アメリカ)

現代アート作家たち/ミノー(フランス)、モノリー(フランスポップアート)、アダミ(イタリアポップアート)/カルダー(アメリカ)、ケリー(アメリカ)

アメリカのイラストレーターたち

◆ノーマン・ロックウェル

や時にもの哀しい哀愁を描いた。雑誌の表紙絵を中心に、挿絵や企業広告、カレンダーなど多彩な商業アートからユーモア溢れる生活を紹介します。

◆マックスフィールド・パリッシュ

19世紀後半アメリカの「イラスレーションの黄金時代」を築いた一人。ファッション誌「ハーパーズ バザー」、雑誌「Scribner’s 」「Life」「Collier‘s」にコミカルなイラストを描き有名になる。

◆ソール・スタインバーグ

「ニューヨーカー」誌の表紙絵など。一コマ漫画で藤子不二雄、柳原良平、横山泰三、和田誠らに影響を与えた。

◆アレクサンダー・カルダー 「モビール」を発明した現代美術家。

■展示構成

Ⅰ) 大衆アート(印刷を含む)

ポスター/ フランスの美術雑誌「デリエール・ル・ミロワール」の表紙絵/アメリカの情報誌の表紙絵、広告、カレンダーなど

Ⅱ) カラフルでワンダフルな版画達(リトグラフ、木版画、銅版画)

Ⅲ) アメリカの生活画 ~リトグラフ、アートプリントによる版画達

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes