アートになった猫たち展 今も昔もねこが好き

巡回展は終了しました。展示品を収録した図録を通信販売しております。

“今も昔も”の言葉通り、江戸時代にも猫ブームがあり、浮世絵の画題に多くとりあげられました。幕末に歌川国貞、国芳、広重が、明治には芳年とその弟子芳藤たちが個性的な猫を描きました。美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、役者の顔で着物を着た猫の他に、恐ろしい化け猫などなど、喜怒哀楽を表現した“猫百態”による「猫がいる暮らし」をアートを通して紹介しました。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes