幕末明治の浮世絵探訪 開催のお知らせ

出雲市立平田本陣記念館で7月1日(日)まで開催します。開館日、開館時間を確認の上お出かけ下さい。

幕末から明治の浮世絵は、ユーモアたっぷりで、情報が満載、色彩あざやか。ここには広重をはじめ国貞、国芳・芳年らの歴史絵・武者絵・芝居絵・美人画など歌川派の人気絵師たちが大集合。

黒船来航で幕末の巷はうわさ話でもちきり、浮世絵はかわら版として大人気。文明開化で浮世絵は情報を発信するグラビア誌として開化絵へ。小林清親、水野年方らのジャーナリズムな明治開化絵・風刺画・風俗画など、1万点を有する浅井コレクションから幕末・明治の浮世絵を公開。最後の浮世絵師らが描く、幕末から文明開化を探訪ください。

■絵葉書8枚セット 「幕末明治浮世絵を探訪」説書・絵師系図・絵葉書スタンド付き  通信販売しております。

特設売店では、東海道五十三次「日本橋」や富嶽三十六景「赤富士」などの名品グッズを取り揃えてお待ちしております。

■講演会(ギャラリートーク) 5月12日(土)午後1時半より 山下伸氏(元倉敷芸術科学大学客員教授)

「幕末明治の浮世絵・鑑賞のツボ」 世相を反映した浮世絵に込められた反骨精神や新政府への期待など、絵の謎とき解説をお楽しみください。

詳細は、平田本陣記念館 ☎0853(62)5090 に問合せください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes