New 北大路魯山人展 生誕140年 2023 近日公開

美と食の巨人北大路魯山人

筆が冴える書画 筆と戯れる作陶 そこには魯山人の書道観がある

美食と器における魯山人の筆の技に注目する展覧会です。

「書家の書にうまい書があった例は皆無といってよい。書を専門に教える習字の先生から尊ぶべき 書が生まれた試しはない」相変わらずの毒舌。書家としてスタートした魯山人の筆技は、刻字を刻み、画を描き、器に走らせた筆線は自然美を礼賛。魯山人は書家を越え芸術家となりました。その 魯山人の作品から彼の書道観を探索いたします。

良寛や池大雅の意識した筆、隷書風に書いた画賛、刀の切れ味が冴る刻字、漢詩や禅語を絵付けした陶器。心赴くままに筆と戯れる魯山人の書画から作陶まで展覧します。Coming Soon

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes