観じる民藝 尾久彰三コレクション

柳宗悦と民藝の巨匠たち展、朝鮮時代の浅川伯教・巧兄弟の心と眼展、に続く 民藝シリーズ第3弾

「私は約三十年年間、日本民藝館で学芸員をしていました。その関係で新古の民藝品が身の回りに自然と集まり、今ではそれらの品に埋まって暮らしています」  尾久彰三

30年にわたり日本民芸館の学芸員を務め、柳宗悦が提唱した民藝運動の精神を受け継ぎながら、自由でユニークな視点で民藝の蒐集活動を続ける尾久彰三氏(1947年富山県生まれ、神奈川県で蒐集活動を続けている)。「骨董とは生きていく上のお嚇子で、元気の素」という尾久さんは、柳宗悦の弟子として富山で民藝運動を推進していた伯父の影響で、早くも10歳頃にもの集めに開眼。長じて敬愛する柳宗悦が創設した日本民藝館の学芸員として長年勤務し、益々その眼に磨きをかけました。

本展では、日本各地をはじめ、韓国からアジア、ヨーロッパ、南米など、世界の民藝の一大コレクションから選りすぐりの、朝鮮時代の民藝、日本の古陶磁、漆器、アジアや南米の染織、絵画、木工など200余点を紹介いたします。

不思議な御縁で舞い込んできたもの、惚れ込んでようやく手中に収めたもの、今日はやめておこうと思いつつ一目惚れしてしまったもの等々から、尾久さんとともに「ものを観ること」、「ものと語らうこと」を観じてください。

お問い合わせ企画料など開催要項の詳細は下記までお問合せください。詳しい資料を送ります。TEL&FAX:045(545)5376 E-mail:emi@eminet.jp
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes